デパスとパキシル

デパスはベンゼジア系抗不安剤であり神経作用に関する薬のことで抗不安剤、精神安定剤など不安の気持ちを和らげるために開発された薬となってますまた一般的呼び名は「エチゾラム」と呼ばれています。このくすりは1984年に発表・発売され、84年発表以来長くもの間代表的なマイナートランキライザー(抗うつ剤または精神安定剤の意味)でありこの薬が登場するまで日本の国内市場では「セルシン」が愛用されていました。内科や精神外科、整形外科などの分野にも活用されています。セルシンの座を奪ったのがデパスというわけであり、かなり有用性が高い薬ということがわかります。

この薬は抗不安剤・精神安定剤であり、効果も強い反面同じく強い副作用にも気をつけなくてはいけません。軽い副作用としては強い眠気に常時襲われるため車の運転時ほか外出時は危険なので外出は控え家にて療養することが無難でありほかの症状としては、ふらつきや集中力の低下などのケースが多々ありますが、個人差やその日の体調、アレルギーなどによりまれに他の症状が発生する可能性もあります。
重大な副作用の症状としては主成分である「エチぞラム」は同じような成分や効果を持つ薬と服用すると、過度な呼吸困難や肺機能の低下・障害、悪性症候群などをきたしてしまう恐ろしい例が何件か発見されてます、またこの薬の一番怖いことろはその「依存性の高い薬品」で有名となっているというところにあります。

依存性の高さはベンぞゼアゼピン系の中でもかなりの高い位置に属してありますので服用する際は注意しながら服用することを必要とされています。

「パキシル」とは「セロトニン再取り込む阻害剤」と呼ばれていて、脳の刺激アドレナリンなどの脳を活性化する物質の量を増やし、精神による活動の活発化をお手伝いする薬となってます。主に使用されるのはうつ病やうつの治療に用いられています。

「パキシル」の副作用として有名なのは、顔やしたのむくみ、じんましんによるアレルギー症状、さらに最も多いとされている副作用は吐き気やづ痛、発熱、眠気とされています。
その他の薬の頻度や量にもよりますがパーキンソン病や手指の震えなども発生する可能性も少なくないそうです、使用上の注意といたしましては、抗うつ剤は効果が発生、感じるまでに少しの時間を必要とします。そのために多量を服用したりせず医師から指示された用法や用量を守ることをおすすめします。